鮎釣り

ダイワ鮎マスターズ2018九州に出たが…

投稿日:




鮎釣り九州男児のSAMURAIです。

すみません、本業が忙しく1週間ブログ更新ができずに…m(__)m

さてさて、楽しみにしてたダイワ鮎マスターズ九州予選に参加してきましたので、

その結果を…w

下見はバッチリ!
となれば当日は…

万全の下見!

えぇ、今週仕事が忙しかったのは…
そう下見で仕事をおサボりするためでしたww

というわけで1週間分の仕事を木曜までに仕上げたSAMURAIは、

金曜から意気揚々と日田に乗り込み!

んで、まぁ大会会場のメインとなってるAエリアを中心に下見を兼ねて、竿を出しましてな…

昼前から夕方まで釣って、だいたいのパターンを掴むことに成功!

基本パターンは、

・瀬よりトロ(瀬は一通り抜かれてる?)
・竿抜けを探して拾い釣り。
・玖珠川も濁ってるがかかる。
・引くとダメ、ひたすら泳がせ

まぁそんなこんなで、ボチボチ釣りつつも、翌日の大会用の場所も残しながらだったので、内心ね…

「うっしっし…上流エリアもろた!」

そう思ってたんですわ(;^ω^)

(なんなら調子こいて夕方からスロット打ちに行ったしw)

だが…この下見で大変な失敗をおかしたことにまだ気付いていない…w

朝イチの抽選で…チ~ン

さぁいよいよダイワ鮎マスターズ九州当日!

早朝4時半頃から九州中の名手達が集まってきました(#^.^#)

いや~皆さん、車が派手w
色々メーカーのステッカーやら貼って、コテコテの人達ばかり( `ー´)ノ

さぁ会場の機運も徐々に高まってきて、いよいよ抽選開始の5:30を迎える!

SAMURAIも皆さんと一緒に列に並び…

受付を済ませ、運命の抽選…!!!

ジャララララ~ジャン!!

ん!!?

あ…マジか…(-_-)

100人しかいね~んだよな…

しかも「B」!?
やっべ…Aエリアしか下見してなかった~(;^ω^)

えぇ…。

Bエリアは…何も見てませんでした…( ;∀;)
なんという凡ミス…。

どうせこの番号なら、狙ってた場所も無理だろうけど…

それに加え、突然の降雨…((+_+))

参加費3000円の割に戦利品は良かったので、これで満足しとくか。

震えが止まらない~ha~ha♪

というわけで、Bエリアはポイントも詳しく知らないので、
とりあえず、皆さんについて歩いていくw

何やら一番の有望ポイントは1~2キロ歩いた先とのことで、
そのポイントは先頭集団が押さえてるだろうとのこと。

SAMURAIのいた最後尾の面々は、
「このへんまでは鮎が上がってきとらんけどな~」
「このへん毎年釣れんけどな~」

皆さんネガティブ発言ばかりw
そりゃそうでしょう。

水の色だけじゃなく石色まで…悪い(^^;

とにかく鮎は大量に放流してあるから、コチラでも竿抜けを狙おうと、
朝イチは急瀬チックなこの場所で胸まで立ちこむことに!
(おじちゃん達は立ちこんでやってないと見て…)

まずは水温も低いので、大石の裏のタルミを泳がせる…
群れがいるようで、右に左にス~イスイ。

スイス~イ…

カカッ……

掛かる!!顔がかりや!

ポロっ…

あ……

この1匹が命取りになるような…

その後すぐにもう1匹掛かったのですが、またポロリ…

朝イチで水温低いのに、雨まで降って…こりゃ追いが悪いな。

「よし!4本イカリからヤナギに変更じゃ!」

あ…家に忘れたww

う~む、養殖で動きが悪い。
複合007からナイロン0175に変更じゃ!
フワフワ泳がせ作戦に変更!

あ…ナイロン仕掛けも車のツールボックスに入れっぱなしw

オワタ…(´Д`)

なんなら急瀬で押しが強く、一瞬こけたもんだから…
全身塗れ濡れ…(@_@)

さみ~よ( 一一)寒すぎて震えが止まらん!

その後、転々と拾い釣りを試みるも、
イダ(ウグイ)×4
白ハヤ×3

イダは背掛かりすんのに、鮎はポロポロ落ちる…

風も強くなり、全身ズブ濡れで寒すぎる…
肝心の釣果もウ○コ…

さすがに心が折れる!
圧倒的惨敗!
終了時間の15分前に納竿して、検量へw

決勝戦は有名人の応援!

というわけで、安定の予選落ちとなったのですが、
車に戻って着替えてると、SAMURAIの車の2コ隣に見覚えのある顔の方…

ダイワのテスターの伊藤さんでした。
月下美人ってチームの親分でもあります。

3年前だったっけか?
ダイワのザ・フィッシングで球磨川で大鮎バンバンぶち抜いてたあの方です。

予選の結果を聞くと、

『Aエリアで竿抜けを拾って15匹釣ったよ』

さすがでございます!
(いや…むしろ俺もAエリアでそれやりたかったのw)

Aエリア1位通過。さすがの一言。

予選後のインターバルで、色々とダイワの鮎竿テストの話を聞かせてもらい、
鮎竿はシマノ一択だったSAMURAIの時期相棒はダイワになりそう…w

メガトルクとやら…
使用してるカーボンも含め、かなり良いらしい。

よくよく考えたら、大鮎竿に限っては、
・シマノ⇒坂本さん
・ダイワ⇒瀬田さん、伊藤さん

がメインでテストしてると思いますが、
シマノ坂本さんが球磨川に来る回数と
ダイワ伊藤さんが球磨川に通う回数…

全然比にならねぇわ。

色々言われてましたが、確かに説得力あったので、
次の大鮎竿は、ダイワのメガトルクになりそうですw
(俺って単純なヤツだな。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ダイワ 銀影競技 メガトルク 大鮎 100M
価格:264870円(税込、送料無料) (2018/5/26時点)

 

 

色んなメーカー秘話を聞かせてもらったりして、なかなかダイワテスターの釣りを間近で見る機会も少ないので、
お弟子さんとSAMURAIの2人で伊藤さんの釣りを見学。

なるほど…

大鮎釣りだけじゃなく、ビリ相手もうまいな…
竿先も全然ぶれん。

1時間くらい見学してましたが、
「やっぱり人の釣りより自分がやらなきゃ楽しくない!」
ってことで、お弟子さんに

「矢部川来る時は連絡してくださいね~案内しまっせ~!」

と挨拶して、ドロンしました(^^;

色々反省材料多すぎw

これに尽きますね。

人生初の大会だったので、どれくらい自分の釣りが通用するかな~
と楽しみ半分でしたが、
ボコボコに打ちのめされた形に(^^;

ただ、今の自分の釣りに欠けてる部分が見えた気がします。

・細かい準備不足
・泳がせの技術向上

この2つでしょう。

やはりこれまで大会を意識せずに、瀬釣りメインで大鮎釣りをしてきたこともあって、
大会の時に必要になるビリをちょこちょこ拾う技術を磨かなきゃダメですね。

地元の矢部川は、トロ場を釣ってるだけで、

「トロ場釣るヤツは根性なし」

と言われるくらいですが、大会で勝つためには、トロのお勉強をせなダメですね。

とりま1週間後、また同じ会場でシマノの大会がありますので、

今度こそはナイロン0175の仕掛けを忘れずにベストに仕込んで、
なんとか予選突破を目指したいと思います!

色々勉強になりました!

応援頂ける方は最後にポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
↑目指せトップ10入り!







-鮎釣り

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.