鮎釣り

ダイワテスター伊藤プロと矢部川実釣♪

投稿日:




九州の鮎釣りキチ代表SAMURAIです。

さてさて、前回記事でダイワテスターの伊藤さんのチームに加入することになり、
早速矢部川で実釣することになったとお伝えしましたね(^^♪

というわけで、今回は伊藤さんとの矢部川実釣編です(^^♪

息子の鮎デビューはまさかプロと…

SAMURAIは6歳になる息子がいるのですが、将来親父の代わりに全国制覇してもらおうと、

釣りに関しては英才教育を実施中w

SAMURAIの息子たちの教育方針は、
「自然の中でよく遊び、よく食べ、よく寝る!」

これだけなんですが、
この一環で少し早めだと思いますが、6歳にして鮎釣りデビューです(^^♪

サーフィン用のウエットスーツを着せ…

海釣りで使わせてるライフジャケットを装着し…

SAMURAIのおんぶで入川(;^ω^)

んで今回はまさかのダイワ伊藤さんの同伴(^^♪

デビュー戦がプロと一緒に竿出しって…

「コイツ持ってるな…」

と親バカっぷりを見せたところで1枚。

 

「伊藤さん…息子がシマノのジャパンカップの帽子ですみません」とお断りm(__)m

伊藤さんは、「全然気にしないでください」と大人の対応(^^;

その後、SAMURAIは息子を大石の上に座らせ、一緒に竿を持ち、トロ場を泳がせ。

水中がギラっとすると同時に鮎がかかるのが、楽しそうでした。
最後はSAMURAIが引き抜いてタモに収めるんですけどねw

伊藤さんは瀬の中で順調に数を伸ばす展開。

ホントはSAMURAIも伊藤さんと一緒に瀬の中でバチバチ掛けたかったところですが、
息子と一緒に竿を握りながらなので、さすがに無理(^^;

それでも野鮎を6匹ほど抜きまして、息子も満足げでした(^^♪

息子に…事件発生!

その後、一通りポイントを叩いたところで、移動を決断し、伊藤さんとともに竿抜けっぽいところを探して上流へ。

侍「恐らくこの瀬は地元の人間もあまり入らないので、竿抜けだと思いますよ。」
プロ「おぉ~、鮎がギラギラ食んでる!これは掛かるだろね~。」

ただ…このポイントは少しアクセスの悪いところで、藪漕ぎして入るようなとこで…w

スイスイ藪に入っていく伊藤さんを尻目に、
SAMURAIはオトリ缶を肩にかけ、竿と引き船を持ち、息子をおんぶして、藪漕ぎ…。

川にたどり着いた時には…もうヘトヘトのフラフラ(;^ω^)

一体何キロ背負ってんだ…(-“”-)

そして、一通り仕掛けを準備し、これは絶対に掛かるぞ!ってポイントを泳がせ始めたところで…

背後からサワガニと遊んでた息子の声が…

「お父さん、ウ〇コがもれそう!!!」

うげっ…あと30秒も泳がせれば絶対掛かるのに…

前アタリビンビンの中、やむなく一旦オトリ回収( 一一)

そして…

息子がワンピースのウエットを着てるもんだから…

上から膝あたりまで全部脱がせて…

息子は人生初の野グ〇w
からの天然ウォシュレットww

ここで心が折れました(^^;
だって…俺の手は息子のウ〇コを直で拭いたんだもの…w
SAMURAIはこれにて納竿。

あとは伊藤さんにしっかり抜いてもらおうと、ここからは実釣を少し見学。

いや~さすがにプロですね(^^;

SAMURAIの目で見て、「ここは野鮎がいるだろう」ってポイントはほぼ全てしっかり潰されます。
そして、竿抜けしそうなポイントも隈なく潰されます…w

はっきり言いましょう。

プロが釣った後は…
素人じゃほぼ釣れないと思いますww

それ位、キレイにポイントを全て潰されます(^^;

見事でした!

これは間近で見て、かなり勉強になりました( `ー´)ノ

SAMURAIも瀬釣りなんかはある程度ザックリ探ることが多かったのですが、

今年からキッチリ釣り切るような丁寧な釣りを実行します!!

どうやらそこが現時点での伊藤プロとSAMURAIの一番大きな釣果の差でしょうね。

ちなみに、その後は一緒に河原で昼飯を食べ、また色々と釣り業界の裏話や新作のテスト状況等を聞くことができました(^^♪
針を1種類モデルチェンジするまでの過程等、なかなか普段聞くことのできない話ばかりで、目から鱗(@_@)

ちなみにSAMURAIが大鮎シーズンに愛用してる

ダイワD-MAX大鮎

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ DーMAX鮎針XP 大鮎 9.0
価格:1123円(税込、送料別) (2018/6/7時点)

 

ですが、なぜこの針が良いのか、色々と話を聞かせてもらうこともできました(^^♪
だいたい私自身も使いながら思ってたことがズバリ当てはまってました。

ちなみに…そのうち記事に挙げますけど…

某有名針メーカーのGハードが折れやすい!

「大鮎釣りシーズン、これがひどくて散々泣いた」って件についても、相談したところ、
『Gハードは焼きが特殊で堅くて貫通力あるけど肝心の粘りが…』という話で確かに折れやすい模様…

でも「ドンは折れなかったんですよね~」という話をすると、
『そう、ドンは良い針ですよ。が〇が好きならA1って素材の針が良いと思いますよ。』とのこと。

なるほど~(^_^)
いや、そこはD-MAX大鮎でいきますよww

まぁそれ以外にも色々と教えて頂きましたが、ホント勉強になる濃密な時間でした(^^♪

また次回、面白い記事を起こしたいと思いますので、是非お楽しみに~(^_-)-☆

応援頂ける方は最後にポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
↑鮎情報満載!

 







-鮎釣り

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.