鮎釣り

REAYU(リアユ)で釣ってきたぞ~!

投稿日:




九州の鮎釣りキチ代表のSAMURAIです。

さてさて、先にお知らせしたとおり、

話題の鮎ルアー

REAYU(リアユ)実釣してきましたで!!

ってことで一通り使った感想と併せて紹介します。

意外にアッサリ釣れたw

まぁ先に告知したとおり、REAYU(リアユ)の実釣に際し、

オトリ屋に寄らず、ルアーだけで鮎釣りを成立させようと意気込んだ6/9(土)でしたが、

午前中は息子達の保育園の発表会だったもので、昼飯食って14時頃からの参戦!

「瀬肩の飛びつきなら案外簡単じゃね?」

と思いつつ、普段通りオトリを獲りやすい瀬肩の流れに

「ピョイ」っと投げ入れる…

一旦糸を緩めて、少し沈んだところで張って潜らせながら引く…

まぁ最初からそんな上手くいかんよな…

ガガン!

えっ…

シモにぶっ飛ぶ目印…

あらま…1発で…w

じゃ~んw

見るからに追い気の強そうな野鮎げっとww

普通に釣れるじゃんw

1匹野鮎を獲れれば、あとはコッチのもんです(^^♪

スイスイ~っと泳がせ…ドカン。

オトリを替えて、また別のスジを昇らせ…ドカン。

一通り鮎を抜いたので、また遊びで瀬の中でリアユ引きましたが、

新技「フラフラ泳がせ」を発動。
↑単純に瀬の中で「張って~緩めて~」を繰り返しただけw

野鮎が一旦浮き上がり、再び頭を下げて沈み込む様をイメージして動かしてみると…

ガツン!

すみません、分かりにくい写真しか撮れてなかったw

普通に釣れるよね~w

またバッチリ背掛かりで釣れました(^^♪

コツもだいたい分かったし、これはかなり武器になりそうな予感です。

というわけで、17時までのたった3時間で

アッサリ…17匹。

朝イチから入ってた師匠が25匹だったので、掛けたペースは倍以上だな…と一人ニヤニヤw

★結論★
REAYU(リアユ)普通に釣れます!

持ってない方…
早めに買ったほうが良いと思います。

マジで普通に釣れるw
ヘタな養殖よりよほど釣れるかも…(^^♪

REAYU(リアユ)使い方のコツ

というわけで、野鮎を実際に釣ってみての感想とコツをご紹介しておきます。

使う場所
瀬や瀬肩等、流れがある程度強い所がベター

使いにくい場所
トロ。流れの押しがある程度無いとルアーが上手く泳ぎませんでした( ゚Д゚)

使い方
①狙ったポイントまで投げ入れ、糸のテンションをスッと抜き、少し沈める。
②そこから穂先に乗せながら引く
③単調な動きだと野鮎に見切られるかもなので、張ったり緩めたりして、少し動かすほうが良さそう。
④なるべく追い気の強い鮎を狙って釣るほうが勝負が早い。

当然のことながら、リアユで天然が獲れたら、次のオトリは天然を使うべきです。
あくまでオトリ獲りの救世主だと思って下さい。

さすがに1日ルアー通しだったら10匹とかは難しいんじゃないかな(^^;

やはり野鮎に勝るオトリはありませんから(^^;

ちなみに、このリアユ実売価格が送料込みの2500円前後なのですが、

SAMURAIが通うオトリ屋さんは、養殖1匹400円なので、6回オトリ釣ったらモトが獲れる感じですね。

これまでオトリは2匹買ってましたが、今後は1匹にして早めにルアー代を回収しようと思います。
(今回のように養殖ナシのルアーだけだと、やはりプレッシャーがね…w)

皆さんも是非、胸ポケットに1匹入れておいて下さい。

絶対に助けられる日がきますよ~(^^♪

今回SAMURAIが使用したREAYU(リアユ)はコチラ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カツイチ(KATSUICHI) リアユ 125S 20g イエロー鮎
価格:2016円(税込、送料別) (2018/6/10時点)

 

久々に良い買い物しました(^^♪

これ…上手く極めれば、
ポイントを判断する材料としても使えるかもですね。

RIAYUで一通りサーチして、全く反応がない瀬はダメ!みたいな。

逆に反応があった部分を、ルアーから天然に替えて差しなおしみたいな。

それでは、この夜、地元の名手達と、
古民家を貸し切って、お泊り懇親会を楽しんできましたので、また改めて記事に起こします。

どうぞお楽しみに~(^^♪

応援頂ける方は、下記をクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへにほんブログ村
↑ブログ継続のメンタル維持のためクリックお願いします。

 







-鮎釣り

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.