底物釣り

アラ竿の石突を交換!

更新日:




九州の釣りキチ代表のSAMURAIです。

いや~なんだかんだで、
9月20日頃に鮎竿を納竿し、

次は磯に向けて、道具を入れ替えて、
せっせと準備中。

 

今年の鮎はイマイチだったなー。
ラストの雨ラッシュで狂わされた感じ。
(もっと5・6月に降れよってw)

また来年に期待したいと思います。

 

んで今回は、アラ釣りの話を。

 

SAMURAIの
釣りのコンセプトの1つに、

とにかく美味い魚を釣る!!

ってのがありまして、

イシダイのI師匠のお店に飾ってある
特大アラの魚拓を見るたびに、
ずっと憧れてた

アラ釣り

とうとう手を出しちゃいました(^^♪

 

んでまずは竿から。

 

ヤフオクで、

オリンピック?
オリムピック?

のグラスの激渋なアラ竿を安~く
(8千円くらい?w)
仕入れまして…

↑画像一番左。物干し竿より太い…。
右2つのイシダイ竿が細く見える異常事態…

ビンテージ釣り具も味があって良い世界。

 

石鯛の釣りクラブの会長から、
アラ用の竿受けとボックスを安く譲ってもらい…

すげえ頑丈なステンで、ぜったい高いヤツ…。。
(S会長、ホントありがとうございました!)

 

リールは、
I師匠と物々交換で手に入れる予定なので、

とりあえず数万円でぜんぶ揃った…(^^;

 

んで、早く夜磯に、
サバをぶっこんで、

ビールを飲みたい
衝動に駆られてるんですが、

会長のボックスに、
ボロ竿の石突を合わせなくては…

というわけで、加工やっちゃいます!!

ダイコーのアルミ石突に交換

そうなんです。

会長さんから譲って頂いたボックスなんですが、

ダイコーのアルミ石突に、
ジャストサイズでできてるそうで、

石突を交換する必要が…(^^;

(当然やったことね~よ。。)

 

ってなわけで、

ボロ石突をヌキヌキ❤

幸いなことに、

握り慣れた太さ

だったのでw
絶妙な力加減で、
ヌキヌキできました❤

 

いやいや、問題はここから!

 

ダイコーのアルミ石突を
メーカー(現ロッドコム)
から取り寄せてもらったんですが、

だいぶ径が違うのよねー。

 

 

んで、困ったときのヨコチン工房へ。

(工具マニアのお仲間さんです。)

 

2人で、色々と
あ~でもない、こ~でもない、
と思案した結果、

 

ボロ石突のコミを
そのまま使ったほうが早いんじゃね?!
って話に。

 

先にドリルでグリグリとコアを抜いて、
アルミ石突用の穴をあけ、

最後に根本をノコでチョッキン❤

んで、アルミ石突を差すと…

ズッポシ❤

↑今にも発射しそうw

ホントええ加減な仕事ですが、
どうせ余ったスペースは、
接着剤で固めるから良いのよね~

なんて調子乗りながら、
とりあえず極太の竿尻に合わせてみると…

いや~ん、
これまたズッポシ❤

 

あとはもう簡単。

極太の竿に、
多用途ハード系の接着剤ドバドバ…

んで、奥までズッポシ❤

24時間で完全硬化。

オリムピックのボロ竿が、
新品のアルミ石突で生まれかわりました(^^♪

カ…

カカ…

カッコ良すぎる!!

 

嫁は、夜な夜な
こんなことやってる
SAMURAIを呆れた顔してみてますが、

 

男にしか分からん
ロマンがある。

 

ただ、、男のロマンは、
いつしか女のフマンに変わる…爆

 

ってなわけで、
ここ最近嫁が不機嫌ですが、

まったく気にせずに、

10/23・24で上五島に行く予定。
夜アラからのイシダイ贅沢釣行。

そこでデビューさせてきます!

 

PS:ダイワのグレマスターズの練習で、
米水津にも行かな…

うひょ~めっちゃ忙しいw







-底物釣り

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.