仕掛けづくり(鮎)

尺鮎対応!逆バリ自作法を公開します!

更新日:




矢部川の鮎釣りキチSAMURAIです。

やっと水が落ち着いてきた・・
と思ったらまた雨の連続ですね😅

なんか最近の梅雨は、シトシトじゃなく、
ドカ雨からカラっと快晴!

だいぶイメージ変わってきました。

皆さんのホーム河川は大丈夫ですか??

 

なかなか釣りに行けない
もどかしい日々が続いてます。

この雨を越したら、いよいよ盛期突入!

鮎の皮が硬くなって、
体も1回り大きくなって、
瀬で目印をズキューンとぶっ飛ばすあのアタリ!

今から楽しみです😊

 

今回は、そんな盛期に向けた、

安くて頑丈な逆バリ

の自作法をお伝えしていきます😊

 

逆バリ(サカバリ)自作する理由

市販品のサカバリ買ってる人からすると・・

市販品があるのに、
なぜ逆バリを自作するの?

そんな疑問の声が聞こえてきますねw

それには大きな理由がありまして・・

 

こちら矢部川では8月の盆ごろから尺鮎の便りが聞こえてきます。

そして地元勢はそのほとんどが自作サカバリです。

カンタンにいうと・・

 

既製品のサカバリは
貧弱なのに高いから
!!

 

少しいい型の鮎がかかると

曲がるわ、折れるわ、しかも高いわ。

鮎用品はとにかく高いですよね😅

ヘタするとサカバリ1本100円くらいするw

 

私も昔、市販品を使ったことがありますが、
あまりいいイメージがありません。

大鮎相手にフニャフニャに曲げられて、
次のオトリつけるたびに曲げ直す・・

アナタもそんな経験ないですか?

あれ、むちゃくちゃストレスですよねー。

 

尺鮎まで視野に入れると、逆バリの理想は

1本のステン針を曲げて作る

これがやっぱり理想だと思います。

市販のハンダ付けされたやつは
どうにも信用できません。
(ハンダのとこでクニャっと曲がる)

 

地元の名手たちも
みんなこだわりの逆バリを自作してます。

 

九州の鮎釣り師は
関東の鮎釣り師から見れば
やたら豪快なイメージがあるかもですが、

細かいところにこだわってこそ、
その先の豪快な釣りがあるんですよねー😊

 

というわけで、

今回はSAMURAIスタイルの
尺鮎対応の逆バリ自作方法をご紹介していきます。

 

市販品に不満をお持ちの方はぜひ参考にどうぞ😊

当然ですが、

九州の尺鮎対応

なので、強度は自信アリです。

 

サカバリの自作方法

今回は動画の方が分かりやすいかなーと、
初めてYouTubeに動画をアップしてみました。

これから色んな動画を発信していきたいと思ってるので、
ぜひチャンネル登録してくださいまし🙏

 

準備するもの

  • インセクトピン
  • 先細のラジオペンチ
  • ニッパー
  • ダイヤモンドシャープナー

昔は、てんびん自作用の固い鋼線を切って、
サンダーをブイブイ言わせて
先端だけ研いだりしてましたが、

インセクトピン(虫ピン)が一番お手軽でオススメ。

 

号数を変えれば、線径も変えられます。

 

私の場合、

初期2号、梅雨明け以降5号を使ってます。

24〜25センチが掛かり出したら太い方に変えます。
1つの目安にどうぞ。

 

ラジオペンチは
ひときわ先の細いヤツを探してみてください。
私は近所のホムセンで1000円くらいで買ってきました。

通常のラジオペンチは、
針のフトコロが大きめになってしまいますので

老眼などで大きめが好みなら
それでいいと思います。

 

それじゃ工程を😊

①針先を曲げます。

ラジオペンチで針先を少し出して、
ペンチのアールに沿うようにクニャっと曲げていきます。

自分で使いやすい形をイメージしてください。

私はこのカクカクっとした感じが好きです。

②ハリス止めを作ります。

ハリスを結ぶ部分です。
このあと大事な作業があるので、
手でこれくらい曲げて次の工程へ。

※1度曲げたら戻さないように。
金属疲労でポキっと折れます。。

③ハリス止めの端を少し折り返します。

ハリス止めの箸を少し開いておきます。
これをやっとかないと、川でのハリス結びが大変ですw

開き具合はお好みで。

④ニッパーで端を切って、ヤスリ掛け

ニッパーでいらない部分を切ります。
切断面はハリスや仕掛けを痛める原因になりますので、
ダイヤモンドシャープナーで必ずバリを取っておきます。

このひと手間が大事。

⑤ハリス止めを潰します

ここまで終えたら、ハリス止めを
潰してしまいましょう。

しっかり気合いを入れて、
ペンチで潰してください。

⑥逆バリに滑り止めのキズをつけます

このままじゃハナカン回りの仕掛けを
結んでもズルズル滑るので、

私はニッパーで傷をつけて
すべり止めにしています。

イメージは「ニャンニャン甘噛み」で❤️

 

⑦完成!!

これで尺鮎対応の逆バリの完成です。

慣れるとかなり使いやすい?
逆バリになると思います。

 

ちなみに私はこの逆バリを
いつも皮打ちして使ってます。

皮打ち派の方も、
針先はそれなりに切れるので大丈夫です😊

 

いかがでしたか??

インセクトピンは100本で600円くらいなので、
逆バリが1本6円ですw

 

関東から九州へ遠征してくる方達が
よく使ってある

がまかつの大鮎サカサは、
20本で2,000円近くします❗️
1本100円!?

お金持ちなら、それでいいと思いますけどww
私はなるべくローコスト派なのでw

 

梅雨の合間に、盛期に向けて、
逆バリの自作にトライしてみてはいかがですか?😊

 

最後にインセクトピンのリンク貼っておきますね😊

 

ネット以外で売ってるとこ見たことないし、
どうせ送料かかるので、仲間の分も多めに買っておきましょう。

このインセクトピンの5号で
尺鮎も対応できますよ!

私のブログリンクを一緒に送ってもらえれば幸いですm(_ _)m

 

ではでは😊

 

SAMURAI公式ツイッターはじめました😊

SAMURAI公式ツイッター

鮎釣り情報流すので、ぜひフォローお願いします。







-仕掛けづくり(鮎)

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.