鮎釣り

五ヶ瀬川 大鮎の旅(後編)

投稿日:




矢部川の鮎釣りキチSAMURAIです。

 

今回は、前回記事の続きです。

 

前回記事をご覧になってない場合は、
先にコチラをどうぞ。

五ヶ瀬川 大鮎の旅(前編)

 

ほいじゃ続きです😊

 

 

8/29大鮎フルボッコの旅

実はこの釣行は、なんと前日夜に決まったヤツでw

 

当初の予定では、いつもの尺鮎会3人で、

ボチボチ釣れてるって話が出てた、

大分県の大山川に行く予定でした。

 

それが・・釣行の前日、
五ヶ瀬に行ってたHアニキの電話で・・

「五ヶ瀬、めちゃくちゃ鮎おったばい!大山より五ヶ瀬がよかろー」

って話で、急遽前日夜に
大山川から五ヶ瀬川に乗り換えることにw

 

そして、Hアニキは、前日夜に
いったん五ヶ瀬から戻って仕事。
そして翌朝4時にまたSAMURAIと五ヶ瀬に戻る・・

という鉄人的なスケジュールをこなしてました・・😅
(これまで出会った人でぶっちぎりナンバーワンで体力がエグい・・)

 

そして、前日に群れ鮎を確認してたマル秘ポイントへ直行w

 

朝7時・・先行者ナシ!

 

もう勝ち確ですw

 

ってことで、
のんびりHアニキと広いポイント貸切で
終日楽しむことに😊

 

 

まずはオトリ確保

まずは緩い流れで・・

開始5分、オトリ確保!

 

1日で一番集中してるかもしれない朝イチ。
いつもながら、なんか妙にホッとしますw

 

そこから、緩い流れで、スイスイーっと泳がせ。
4〜5匹こんなチビを確保。
(チビいうても関東じゃ良型かw)

 

チビに用はない。
お前たちはワシが激流を引き倒してくれるわ!

 

あとは、このオトリを握って、

 

いざ激流バトル!!

 

オトリとったら激流へ

めちゃくちゃ押しの強い流れで、
ここは流石にみんなよう掛けんだろって流れです。

普段の私は背ばりしか使わないのですが、
ここは流石にナマリ使います。

じゃなきゃ押しが強すぎて、釣りになりまへん。

 

瀬の中で止めてるだけで、この曲がり。

伝わるかなー?w

この水量でこの押しの強さ・・

 

とにかく掛けたら下がらない!

どうせ止めるとこないですからね。

 

身切れ覚悟のブッコ抜き!

 

まさにオトコの釣りですw
ここは下がったら獲れません。
(毎回100mくらい下がるなら話は別ですがw)

 

今回その模様をHアニキが後ろで撮影してくれたので、
動画アップしてみました。

激流釣るときは、
だいたい音楽流しながらノリノリで釣ってますw

 

自分ではとにかく下がらないよう
チカッパ溜めて抜いてるつもりですが、

何歩か下がってますねww

 

しかし・・

メガトルク90V 急瀬の曲がり・・

ホント美しいカーブです。

 

しっかり曲がってるようですが、
まだまだ胴には余裕があります。

釣っててまだまだ余裕なのが分かります。

 

体感的には、もう2段階くらいグッと曲げて
トルクきかせられると思います。

ホント名竿です。
もう手放せません。
もし折れても、またメガトルク買います。

 

そして釣れるのは、
どれもこんなキレイな鮎ばかり。

ホント五ヶ瀬の鮎は肌がイイ。

 

九州の河川で鮎が一番キレイな川じゃないでしょうか。

ヌルが強くて、スイカの香りプンプン。

天然特有のキメ細かい肌ですよね。

 

こんな奴らをボコボコのフルボッコw

いやー久々にド本流でオトコの釣りでしたねー。

 

そりゃー今年の五ヶ瀬川の魚影なら、
トロやチャラで
チビ相手にすればナンボでも掛かるんですが、

チャラでチビを50本かけるより、
ガンガンの荒瀬で両型20本が楽しい!

俺はそう思います。

やっぱ瀬釣りは楽しい!

 

さー今年はシーズン終盤まで
五ヶ瀬で激流バトルを楽しむかなー😊

ではでは。







-鮎釣り

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.