鮎釣り

鮎釣りにおけるウデの差

投稿日:




矢部川の鮎釣りキチSAMURAIです。

今回は、先日の五ヶ瀬釣行で直面した

鮎釣りにおけるウデの差

について少しだけ。

 

先日は台風の前日に、

「台風の雨で流れる前に釣りに行こう!」

というわけで、

数日前の雨でアカ飛んで
渋いのはわかってた五ヶ瀬川。

 

尺鮎会の3名でやってきましたが・・

キャリア30年組と10年組の圧倒的な差

今回の3人。

キャリア30年以上の熊本のI先生、
キャリア10年ちょいのHアニキとSAMURAI。

 

雨で水温が下がってて、
追いがとにかく悪い。

 

ガタガタ、ゴトゴト。

前アタリの音はしっかりある!

まー鮎は確実にいるんですが、
なかなか追わせきれません。

増水後でイマイチ縄張りを持ってないのか、
鮎のやる気がないのよねー。

 

1箇所目はホントイマイチだったので、
各自オトリ取れたとこで、
ちょいと場所移動して再度ド本流の激流にトライ。

 

五ヶ瀬の本流は、矢部川と比べると水量が全く違うので、
ホント面白い!!

 

ただ、いい魚がポツポツ釣れますが、

荒瀬でよくある気持ちいい
ガツーンではないですねー。

 

ゴトゴト・・ゴトゴト・・

あれ?掛かってる?みたいな。

荒瀬でそんなアタリだからなー。

 

ほとんどが顔掛かりだったり。
出目金で使い物にならなかったり。

追いが悪い日のアレです😅

 

ただ、不思議なもんで、
キャリア30年超のI先生は
目の前でボコボコ入れ掛かりさせてます。

 

それも抜く様子を見る限り、
どうやら背掛かりで😅

 

そりゃ腕の差は歴然ってのは分かってますが、

ここまでとは・・

 

終わってみれば

I先生 20本超え

Hアニキとサムライ10本程度

 

まさにダブルスコアでしたw

 

これは完全に鮎を追わせる

追わせワザ

の差だと思います。

 

やっぱ先生うまい。

とてもかないませんw

 

実は途中、レクチャーを受けましたが・・
難しすぎる!!

侍「先生、追い悪くないですか?」

先生「追いは悪いけど、しっかり背掛かりで掛かるよー」

侍「嘘でしょ?w釣り方教えてください!」

 

周りがイマイチ釣れない中で、
あまりにもボコボコ掛けられるもんで、

途中、先生にお願いして、
いろいろ教えてもらいましたw

 

 

オモリを使った鮎の動かし方

鮎が本能的に反応する泳がせ方

 

 

ただ、これがまた難しくて・・
流石にちょっと聞いただけでは
自分のモノにできませんw

 

レクチャーを受けた後、

仕掛けはI先生のヤツを拝借して、

オトリは自分がとった、
まだしっかり泳ぐオトリ。

そしてI先生がボコボコ釣ってる瀬の下半分。

 

それに付け焼き刃の追わせワザ。

 

条件は入れ掛かりのI先生とほぼ同じ。

 

 

うん。

それでもやっぱ俺のウデじゃ追わせきれませんw

 

その5m上で順調に数を伸ばすI先生。

 

 

いやーこれはホント腕の差でした。

 

同じ仕掛け、同じポイント・・

あとはウデしかないw

 

 

まだまだ修行が足らんなーと思わせられた
今回の五ヶ瀬川釣行。

 

今年の五ヶ瀬はホントに魚影が濃いので、
10月までしっかり鮎釣り修行したいと思います。

終盤のなかなか追わない鮎を追わせる練習!

これは今しかできませんからね。

 

 

とか言いながら・・

雨降ったからって、
こんなことやってるようじゃ、
なかなか腕は上がらんなww







-鮎釣り

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.