鮎釣り

矢部川で尺鮎対決(後編)

投稿日:




矢部川の鮎釣りキチSAMURAIです。

 

今回は、前回記事の続きとなります。

矢部川で尺鮎対決(前編)

まだ見てない方はコチラからどうぞ😊

 

それじゃ続きです。

 

本命ポイントが空いた!

この日狙ってた第1本命のポイントが空いてる

との情報を受け、ダッシュで移動❗️

 

前任者はパッと見た感じ、
上のトロっぱを泳がせで釣ってたので、
たぶんオトリ変わらずに
本命の瀬はやってないだろーとの見立て。

 

ちなみに、この日、出会った方は

俺は3日間ずっとボウズを喰らってる。。

との話もあったので、厳しい状況に変わりはないですが😅

 

今日、矢部川で尺が出るなら、
この本命ポイントと、第2候補ポイントのどちらかが可能性は高そう。

 

あとは尺鮎がいると信じて粘ります!

 

まずは瀬脇の緩いとこをじっくり泳がせてみますが、
無反応・・。

ここでオトリ取れれば楽だったんですが・・

やっぱりいい鮎は
そのポイントの一番いいところに
縄張りもってるモンです。

 

というわけで、また瀬の芯をやっちゃいます😊

 

手前のラインの瀬尻から上まで引き上げて・・異常なし。

次はその50センチ向こうのラインを引き上げて・・異常なし。

・・・

手前のスジから少しずつ沖側に向かって
みっちり引き釣りで探ります。

 

それを続けていると、太い流れが石にぶつかるポイントで・・

 

コツっ!

 

竿を立てると・・

ズシッ!!

まるで根がかりのような重さ

 

オトリ引き連れて瀬の芯を上にのぼりました!

あ・・こりゃ尺だ。

やっぱり一発目から尺鮎です😊

 

そこからは登ったり、下ったり・・
手前に寄せたと思えば、また対岸に向かって走ったり・・

コイツとは、ホント長い時間格闘しました❗️

 

やりとりの途中から
上で釣ってたHアニキが撮影してくれてたので、
これまたYouTubeにアップしておきます。

 

そして相手もヘロヘロになったので、
引き寄せてるとギラっと光る魚体。

まだサビてない尺鮎です😊

 

そして、その尺鮎の背中が見えた瞬間・・

プンっ・・😅

 

あとツマむだけってとこで、痛恨の身切れ。

 

あーこんなことなら、ヤナギ針使っとくべきだったかなー。

 

後悔先に立たず。

 

 

ここから先はポイントをナンボしつこくやっても

26〜27の小さいヤツしか来ないので、

 

18時頃、帰宅前のラストひと流し・・

上に戻って芯の一番荒いとこをやろうと、

しゃがんでオトリをつけようとした、

その時・・・

 

ズルっ・・

バキっ!!

 

あ”””ーー!

メガトルクの元竿が
ボッキリ真っ二つ・・

 

ウソやろー😅

 

というわけで強制終了です。

 

嫁さんには

「6時頃には尺釣って帰る・・」

そう言っておきながら、6時に最後のひと流しなんてやったからバチ当たったのかー😅

 

というわけで、週末楽しみにしていた
五ヶ瀬釣行もお預けとなりましたー😅

 

尺鮎を身切れでポロリするわ。

メガトルクの元竿は折るわ。

 

矢部川での尺鮎対決は、バッドエンディングとなりました・・

 

ちゃんちゃん。

 

本日のセッティング

天上糸
フロロ2号

水中糸
メタビート02号

 

ハナカン周り
ナイロン2号ノーマル仕掛け
(ツマミなし60センチ)


大鮎無双9号 3本イカリ(ハリスナイロン3号)

 

大鮎要 9号 3本イカリ(ハリスナイロン3号)

 

このセッティングは、昔でかいナマズも取り込めたので、
カンタンには切れないと思います。

今回も一気に下る尺鮎を、
メガトルクをバットからチカッパ曲げて止めても大丈夫でしたよ😊

 

雨が降ってなかったら、
ハイパーMステージの単線02号を使う予定でしたが、
ゴミも流れてきてたので、トラブル回避のため複合で。

尺鮎にぶっち切られて悔しい思いをした方は
ぜひこのセッティングを試してください😊







-鮎釣り

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.