クロ釣り

遠投ひしゃくを自作!釣研マックフロートマスターⅡを分解・リメイク

投稿日:




九州の磯釣りキチSAMURAIです😊

実は、先日の

米納津「地の観音」釣行で

お気に入りのマキエしゃくをボッキリ折ってしまいました😅

釣り座を移動中、
見事にこけちゃいまして・・

自分で柄杓のシャフトを
踏んでしまうという大失態😅

真っ二つに折ってしまいました😅

 

ほいで、すぐ次の釣行があるので、急いで

マックフロートマスターⅢの80Hを購入したんですが、

釣研(TSURIKEN) グッズ マックフロートマスターIIIチタン 80 MS ハードposted with カエレバ楽天市場で購入Amazonで購入

ボッキリ折れた
マックフロートマスター2の

チタンカップがもったいないので、

自作の超遠投ひしゃくを作成することに😊

 

ベイトロッドをベースに

だいたいのイメージはすぐ湧いたので、

実家の釣り道具小屋に眠っていた

2ピースのベイトロッドをベースに作成していきます😊

ガイドを取っ払う

まずはライターで軽く炙って、

カッターで樹脂をこさぐように・・

すると

ツルリンパ✨

今回は、自分の身長に合わせて

バッチリの長さのひしゃくを作ろうと

ザックリ85cmくらいにシャフトをカット❗️

これで柄杓のシャフトはほぼ完成です😊

コルクグリップが
なかなかイカしてるっしょ😄

なかなか売ってない感じでいいぞ。

グリップをパテで整形

次にグリップがなんとも変だったので、

プラスチック部のいらんとこを
ぶった切ります😇

リールシートも邪魔だったんで

パテで埋めて再整形します😊

ここはフリーハンドで
マジテキトーにw

パテが固まったら、ペーパーかけて、

ザックリと表面をならします😊

どうせ磯で使うひしゃくなんで

時間かけて完璧に・・なんかしませんw

マジテキトーです😊

これで、もう7割は終わりw

ひしゃくのカップを移植

折れたひしゃくから、カップを取り外します😊

熱収縮チューブを破って、

ライターで炙って、ズボっと抜いて、

困った時のセメダインスーパーX😊

セメダイン/スーパーX クリア 135ml/AX-041posted with カエレバ楽天市場で購入Amazonで購入

これで9割終わりw

シャフト、グリップの塗装

あとはシャフトをカスタムっぽく塗装するので

全体的にペーパー600番で足付けします😁

※足付け=表面キズつけて塗料ノリを良くする

 

まずは全体をマットブラックに塗装して・・
(100均スプレー缶w)

その上から
友だちのガレージに転がってた
缶スプレーで塗装していきます😊
(グリップ荒めに作ったからごまかし兼ねてw)

今回は、とりあえずのテスト段階なので、

色々テキトーですw

クリアも吹いてませんww

 

とはいえ、
なかなか性能的には使えそうな柄杓なので、

そのうちヒマな時に、

パテ盛り直して、マジメにガン使って塗装しよかな・・w

オリジナル撒き餌しゃくの使用感

このベイトロッドの指引っ掛けるヤツ。

これが我ながら、
なかなかいいんですわー😊

ひしゃくでマキエまく時に、

「あれっ?カップの向き合ってるっけ?」

ってなりますよね😊?

特に、遠くのウキ見ながら、
足元にエサトリ用のコマセを打つときなんか。

 

あれが無くなります😊

人差し指をこんなふうに引っ掛けて使うから、

ノールックで、
海を見ながら、
ひしゃくを振れる・・

ような気がしますw

こりゃー元ルアーマンじゃなきゃ持てない発想だわ😊
(自己満w)

 

ってなわけで、次回、

12.28の米納津の沖の観音での釣り納めは、

このマキエ柄杓を使って、

バシバシ遠投かけたいと思います😄

 

とりあえず現段階は試作なので、実戦投入して、

微調整してキレイに仕上げ直すと思いますけどw

 

では、皆さん、良い年末釣行を😊







-クロ釣り

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.