クロ釣り 底物釣り 釣り全般

釣った魚を熟成させて1週間刺身で食べる方法

投稿日:




九州の磯釣りキチのSAMURAIです😊

今回は、よく聞かれる

『釣り魚の熟成方法』

についてご紹介します😊

まぁこれに関しては、

色んな方法があって、

どれも正解だと思いますが、

私なりに色々試してきて、

『ラクして、1週間刺身を食べられる方法』

に行きついてますので、

ちょいとご紹介させていただきます😊

『腐らせない』ための2つのカギ

具体的な方法の前に、
まずはカンタンな基礎知識を😊

基本的に、魚を腐らせずに長持ちさせるためには、

  • 血や内臓を取り除いてしまう
  • 空気に触れる断面をなるべく小さくする

この2つが重要になります😊

まず、血や内臓ってのは、
雑菌が繁殖しやすいので、
なるべく魚体から取り除くのが理想です😊

津本式なんてスゴイやつもありますが、
釣りから帰ってきて、
アソコまで1匹1匹処理するか・・

というと、正直めんどくさいと思いますw

まぁ毎回1〜2匹しか釣らないならいいんだろうけど、

クロとか釣りに行けば、

うまくやりゃ10枚くらい釣れちゃいますからねw

 

あとは、

身が空気と触れる断面をなるべく小さくする

ということです😊

寿司屋みたいに、サクの状態にして、

1週間も刺身用に持たせるってのは、

我々、釣り人レベルじゃ不可能だと思います😅 

(真空パックしたらイケるかも?)

やはり魚は断面から雑菌が入って痛みます。

なので、魚は極力、

切らない方が長持ちすると思います。

でも、血と内臓は取り除く必要がある・・

というわけで、

SAMURAI流の魚の保存方法を紹介します😊

釣り魚の頭と内臓を落とす

釣りに行って疲れ果てて帰宅・・。

そのまま風呂入ってふとんへ・・

といきたいところですが、ちょっと待って❗️

風呂前に、台所にクーラー持っていって、

ちょいとひと処理してしまいましょう😄❗️

 

釣ってきた魚は、

ぜんぶ頭を落として、

内臓を出してしまいます😊

血合いを流水でしっかり洗うのを忘れずに❗️
(できれば塩素が入ってる水道水が◯)

私は、出刃包丁で血合いにキズを入れて
骨抜きの持ち手、
U字部分でガリガリやってます😊

ちなみに、グレの場合は、
皮が切れやすく引きにくいので、

この時点で上下の端のウロコだけ落として、
3枚おろしの包丁入れるルート作って、

残りのウロコはわざと残しています😊
(これでめっちゃ皮引きやすいです)

そこまで終わった状態がこれです😊

あとは水気をしっかり拭きあげて、

内臓のスペースにキッチンペーパー詰め込んで、

さらに全体をキッチンペーパーで包んで、ラップして冷蔵庫へ😊

これでファーストステップ完了。

 

翌日に全部ペーパー交換する

釣り魚をよーく血合いとって

拭きあげたつもりでも、翌日には、

そこからドリップや血が出てきて、

ペーパーが吸ってます😅

このドリップ吸ったペーパーに

雑菌が沸きそうなので、

2日目に1度だけ、
すべてのペーパーを新品に交換します😊

めんどくさいけど、
たぶんこれはやった方が衛生的だと思うw

 

あとは、そのまま1週間くらい
刺身で食べられますよ😊

※空気に触れてた断面の部分は、
刺身引くときに1センチくらい外してしまいましょう❗️
たぶん、あそこは生食危ないと思う。

 

何日くらい熟成させるのがうまいのか??

ほいで、ぶっちゃけ

何日くらい熟成させるのが一番うまいのか?

ってとこですが、

私が好きなのは、

グレは3〜4日目が、
歯応えもソコソコもっちりして

うまいと思います😊

九州の人間は、
『歯応え』が好きなんだよなw

1週間熟成したら、
たしかに旨味はあるんだけど、
あのモッチリ感が柔らかく緩みすぎて・・w

ちょうど今、
初釣りで釣ってきたイシダイも寝かせてますが、

イシダイは4〜5日目がうまいと思います😊

これは初釣りで、
1.5号ナイロンハリスで仕留めた
40センチちょいのイシダイ😊

あと数日で極上の刺身が食べられるw

 

熟成のあがりの好みは人それぞれだと思うので、

ぜひ好みの熟成具合を自分なりに探してみてくださいね😊

では、次回は米納津の初釣りの模様を紹介します🤗

お楽しみに〜







-クロ釣り, 底物釣り, 釣り全般
-, , , , , , , ,

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.