鮎釣り

メガトルクの元竿を85用にカスタムしちゃう⁉️鮎竿の修理【後編】

投稿日:




矢部川の鮎釣りキチSAMURAIです😊

お待たせしました❗️

鮎竿のカスタム記事の続きになります😊

前回記事をまだご覧になってない方は、

まずはコチラから😄

それじゃ続きいきますよー😊

 

とりあえず仮繋ぎ

前回記事までで、とりあえず接合部の面慣らしまで終えたので、

今回は繋げていかなきゃです😊

切断部の元竿の径は、ほぼ同じだったので、

このままマスキングで仮止めしてみます😊

あっもうこれでいいやw

どうせ自分が遊びで使うだけなんで、

見てくれはだいたいでOK😊

 

接合部の周りを足付け

ここから下準備をしておきます😀

接着剤のノリがいいように、ペーパーの600番で足付けしていきます😊

クリアに傷が入ればOK😊

さー次の作業いきますよー😊

 

鮎竿をFRP補修キットで繋ぐ

汎用【FRPエアロ補修3点キット/FRP樹脂0.5kg】一般積層用(インパラフィン) 硬化剤/ガラスマット付posted with カエレバ楽天市場で購入Amazonで購入

そうなんです😊

今回は、車のエアロパーツの補修でお馴染みのFRPを使っていきます😊

むかしむかし、まだ私が10代の頃に、

走り屋のパイセンのバキバキエアロを

コイツで補修して小遣いもらってましたーw

 

その経験を活かして、今回は釣り竿に使っちゃおうかと😊

 

やり方はカンタンです😊

セットに付属してるガラス繊維のマットを切って・・

あとは、セットに入ってるドロドロの樹脂に

硬化剤をテキトーにポタポタ・・・(ざっと1%強)

それをしっかり混ぜ混ぜして

ガラスシートに浸して、そのまま接合部に巻くだけ❗️

今回、作業はバタバタと1人でやってたので、写真ありませんけどww

曇りの日だったので、

硬化剤をちょっと多めに入れたので、

すぐ硬化し始めて、バタバタになっちゃいましたw

白いガラスシートも樹脂に浸すと透明になりますよー😊

車のエアロなんかは、ここからパテ埋めしたり、磨いて塗装かけたりします。

今回、仮止めのマスキングは

竿の内部に樹脂を浸透させたくなかったので、そのまま埋め殺しです😊

 

2時間くらい放置してたら、しっかり硬化してました😊

多分これで強度的には大丈夫やと思うけどなー😊

念の為、ガラスシートを1周半、巻いてます😊

とりあえず表面が多少ガサついてるので、

ペーパーの300番でざっと表面をならしました😊

 

接着部は、元竿の径が太くなりますが、

別に遊びで使う85竿だし、
そのくらいええんやないのー😊 

 

熱収縮チューブで隠して終了

仕上げは熱収縮チューブで😊

元竿の尻栓あたりの径が30mmくらいだったので、

とりあえず35mmをAmazonで購入🤗

TaiSeiDC 熱収縮ラバーグリップ 内径35mm 長さ1.0M 熱収縮チューブ 5色選択(黒青緑赤黄)posted with カエレバ楽天市場で購入Amazonで購入

 

メガトルクと同じレッドを1m買いました😊

 

あとは、テキトーな長さで収めて、

アツアツのお湯をぶっかけて、縮めていきます😊

最大収縮は110度って買いてありましたが、

とりあえず沸き立てのお湯で大丈夫です✨

はい、完成😀

これでお手軽、手抜き作業での

メガトルク85竿の出来上がりでございます😊

矢部川で釣る分にはちょーどいいんじゃないかなー😊

強度テストは、今シーズンかけてやってみますわ。

結構ガッチリ目に作ったので、

尺鮎きても大丈夫だと思いますけどね❗️

 

ちなみに、今回かかった費用ですが、

  • FRP補修セット 2000円
  • 熱収縮チューブ 1000円

合計3000円という・・
20年前のお値段です❗️

やらなきゃ損ですよーw

 

折れた元竿がある人は、ぜひ85竿の自作を試してみてくださいね😊

わざわざ85竿を買わんでも、
ご愛用の9m竿を85竿にカスタムできちゃいますので😊

とはいえ、くれぐれも自己責任でお願いしますw

 

ではではー。

 

【インスタフォローおねしゃす🙏】

インスタグラム(矢部川SAMURAI)
アカウント名 @yabegawa_samurai

↓画像クリックでもいけます。







-鮎釣り
-, , , , ,

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.