仕掛けづくり(鮎) 鮎釣り

球磨川の大鮎用の太仕掛けの結束のコツを紹介します

投稿日:




九州の鮎釣りキチのSAMURAIです😊

先日、球磨川の釣果をインスタにアップしてたら、

DMで大鮎釣りの結束について質問を受けたので、

そのアンサーを記事で紹介しようと思います😊

 

鮎釣りの初心者さんらしいのですが、

メーカーの出来合い仕掛けに頼らずに、

自分で仕掛けを作ってるけど・・

どうも結束部分がいつも飛ばされる!

ってことでお悩み中らしく😊

 

わかるー、それ❗️w

俺も昔はそうでしたから😊w

 

とりあえず参考に今の私が

大鮎時期にやってる方法を

紹介しようと思います😊

 

別にこれが正解だ!っていう訳じゃないし、

他にも色んなやり方はあると思うので

あくまで参考程度にどうぞ😊

 

編み込みはPE1号で25回

編み込みの糸に関しては、私の場合、

PEの0.6号→0.8号→1号

とだんだん上げていくのですが、

メタル0.15号以上は、

全部PE1号で編み込んでいます😊

  • 片網みガッチリ25回
  • 最後はメタルとPEを一緒に、3本まとめて玉結びでコブを作る』
  • アロンで固める
  • 端っこのPEはライターで炙る

結局これに落ち着きました😊

実際に先日球磨川で大鮎ぶっこ抜くときに使ってた糸です💡

信頼のハイパーエムステージ04号✨

細糸だとよく釣れると言いますが、

俺は先週の球磨川は、この0.4号で、

1日半で40本以上は抜いてきたしw

その辺の人より水中糸は太くても、人並み以上に釣れるぞww

この編み込みは、

最後にまとめて玉結びしてるから、

抜けることはないし、

シンプルで特にトラブルないので、これでいいかなーと😊

ちなみにメタルの端っこは、

すっぽ抜け防止で、1センチくらい残してます。

 

結束はチチワとヒネリのMIX

ほいで、ハナカン周りの結束なんですが、

大鮎時期は、

ノーマルワンピース仕掛けを

先ほどの編み込み部に直結してます😊

 

ただこれがねー、

ハナカン周りは、

フロロの2号から3号を使うもんで、

そのままチチワじゃ、フロロがゴワついて、

すっぽ抜けの原因になるので、

チチワでしっかり締める

↑結びがわかりやすいように、絞ってませんが・・w

チチワをしっかり絞った後、

ひねりを入れて、さらに保険でもう1回締めています😊

手前側にひねりを入れる
チチワの横にヒネリを持っていってガチっと締める

写真は、結びがわかりやすいように、

ゆるゆるで作ってますが、

本来は、編み込みが折れるくらいにガチっと締め込みます😊

 

この結束方法は、

今まですっぽ抜けたことはないので、

安心して使ってもらっていいですよ😊

ついでに、チチワを使うので、

フロロ部は、糸2本で結束してるので、

かなり強いと思います😊

この結び目で飛んだことはないので、まぁ大丈夫ですよ❗️

 

飛ぶのは、いつもベタ竿で引いた時に

石でガリガリやって傷が入った水中糸なんでw

 

同じ結び方で、天井糸のリリアンと

メタルの上つけ糸(PE1号)の結束もやってます😊

この1回ひねりは、カンタンなひと手間だけど

効果は抜群です😊

 

仕掛けに不安が少しでもあると、

竿を目一杯絞ることができずに、弱気になりがちです💧

今まで結束で飛んでた人は

ぜひ今回の結束を試してみてくださいね😊

 

ではまたー😊







-仕掛けづくり(鮎), 鮎釣り
-, , ,

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.