鮎釣り

大鮎釣りで「曲がる針と折れる針」は結局どちらがいいのか?

更新日:




球磨川の大鮎キチのSAMURAIです😊

さぁ今回は、大鮎釣りでの針のお話😊

 

前回の球磨川釣行で、

JTOPハイパーの8.5号が開いたお話をしました。

パッケージには、「大鮎」がどうのこうの書いてあったけど、

27〜28の鮎をキツイ流れで絞っただけで、開いたぞww

まぁ俺も25くらいのオトリを獲ろうと使ってただけやけど😅

 

ってなわけで、本題の針のお話を。

 

がまかつは折れる、オーナーは曲がる

これは昔、ルアーやってる頃から言われてました😊

実際に私も鮎釣りを10数年やってきて、

確かにこの通りだと思います😊

 

がまの針は、あまり開かないけど、

限界が来るとボッキリ折れる針も。

特に、以前から言ってるように

素材が「G -HARD」ってのはよう折れる。

厳密には、ちょっと前の

「てっぺん9号・10号」とかはよく折れ「た」。

現行品はわざわざ買わんから

よう知りませんので、

もしかしたら改良されてるかもしれません😊

 

逆にオーナーの針は、

折れないけど、粘ってクニャっと開く。

「なんとかハイパー」とか「尺鮎対応」なんて書いてあっても、

開くもんは開く❗️

 

俺が盛期によく使う針で、

「一角」「JTOP」がありますが、

ぶっちゃけ信用して竿を絞ってるのは、

25センチくらいまで😊

 

それ以降の大鮎時期は、

やっぱり押しが強い荒瀬では曲がるので、

アテにならない。

 

それを分かってるから、

オーナーの針を使うときは、

型がデカくてヤバいなーと思ったら、

寄せて獲ります😊 

先日のJTOPハイパーの8.5号は開いてたけど、

掛かり鮎は寄せで無事に獲れました。

あれが、がまのGハードの8.5号やったら

ボッキリ折れてバラシてたかもしれんし。

 

折れる針と曲がる針。

これは針の永遠のテーマになるでしょう。

結局は好き嫌いなんだろな😊

 

フッ素コート系の針は絶対に大鮎向き 

あとついでに書いておくと、

最近流行りのフッ素コート系のスベスベの針。

あれは大鮎には絶対にいい😊❗️

 

大鮎は食べると分かるけど、

鱗も硬けりゃ、皮も硬い。

まるで鎧をまとった野武士のようです😊

 

あの硬い皮をしっかり貫くのに、

フッ素コートのスパッと入る針は絶対に効果があると思います😊

 

思い込みかもしれませんが、

昔は、大鮎といえばラストに手繰り寄せてる時に

ポロっと・・

これで何本も尺鮎を逃した気がします。

でも、フッ素コート系の針はそれが減ったような・・

気のせいかな??

 

でも、初期の鮎が柔い時に使うと、

スパッとキレすぎて、

掛かり傷がやたら大きくなる気がするので、

8号以降の針だけフッ素コートにするのは、

かなりいいと思いますよ😊

 

初期の6.5とか7号のフッ素系は俺は使わんなー。

 

個人的には、JTOPなんかは針の形が好きやけど、 

終盤の尺狙いでは、これまた曲がるからよう使わん。

(在庫あるからオトリ取りに使うけどw)

 

JTOPの針の線材をもうちょい硬いヤツにして、

流行りのフッ素コートしたら、

めちゃくちゃいい大鮎針になると思うけどなー😊

 

というわけで、これからの大鮎は、

やっぱり『要』が一番いいと思うなー😊

がまかつ ザ ボックス T1大鮎要(ナノスムースコート) (鮎針 イカリ針 バラ 狐型)posted with カエレバ楽天市場で購入Amazonで購入

釣り方によるとは思いますが、

瀬釣りがメインの人は安心して使ってもらっていいです😊

ハリスは3号で😊

ではではー







-鮎釣り
-, , , ,

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.