鮎釣り

鮎釣りのライトスタイルに物申す❗️

投稿日:




球磨川の鮎釣りキチのSAMURAIです😊

今回は、以前からずーっと気になってたライトスタイルについて、

ちょっとだけ私見を。

 

先日の球磨川釣行でのこと。

この2日目の朝に、3人で来られた方から

「ブログ見てまーす」

とありがたくお声かけいただいたんですが、
(朝はテンション低めですみません。。夜型なんでw)

お連れの方が1名が初心者さんで、

格好が『ライトスタイル』😅

 

「球磨川舐めたらマジ死にますよー」

 

と、お声かけはしましたが、本人は

「楽しかったらちゃんとしたヤツ揃えます」

って言ってあって、連れの方も

「危ないとこは入らせないんで・・w」

ってことでしたけど、

いや・・初心者さん、

アナタはホントの川の怖さ知らんやろ・・😅

命は1個しかないんぞ。。

 

あの日、お会いした方は、

気を悪くされるかもしれませんが、

ホントに危険と隣り合わせの釣りでもあるので、 

ちょっとだけ啓発用の記事を。

 

素人とベテランの差は釣技だけじゃない

鮎釣りにおいて、初心者とベテランは

当然、釣技において圧倒的な差があります。

ただ、釣技のみならず、

「ここはちょっとヤベーなー」

なんてあらかじめ危険を回避する能力や、

実際に危機に瀕したときの対処だったりには、

それこそ釣技以上に初心者とベテランでは、

命を守れるスキルには圧倒的な差があると思います。

 

特に鮎釣りは、

ライフジャケットなしで川に立ち込むこともあり、

死亡率がとにかく高い釣りです💀

事実、毎年のように、鮎釣りやってる方が

川で死亡する事故があってますよね💀

 

しっかりしたタイツを履いてても怪我をする

昨日8/25は、矢部川尺鮎会のクラブの大会だったので、

増水して水量多めの矢部川で、

午前中だけ竿を出しましたが、

実は私も、とあるポイントに入る際、

護岸際の絞り、腰くらいの水深の急瀬を切ってると

20mくらいちょいと流されました😅

 

その際に、完全に体制を崩して、

ヤバいと感じたので、

テトラに足を当てに行きましたが、

しっかりしたタイツの上からガンと当てても、

ヒザがボッコリ腫れてます💧

当日は、無事ポイントに流れ着いても、

痛くてしばらく動けませんでしたw
(その後も痛すぎて、オトリ交換の際、左膝がつけないという・・)

 

初心者さんが同じような危険に遭った時、

たぶんパニックになって、

足をぶつけに行ったりできないだろうし、

テトラに頭なんかぶつけたら、一発アウトです💀

実際には、色々考えるヒマなんてない、

一瞬のことなので、本能的に動けるか、否かという世界ですが、

まー初心者さんには到底無理だと思います。。

 

トロ場でも危険はゼロじゃない

トロ場だから安全・・なんてことも思ってはいけません。

私は以前、瀬肩のトロっぱでオトリ取りをしてるときに、

根がかりを川の中に外しに行って、

コロガシの仕掛けが足に刺さったことがあります・・

しかも相手は極太仕掛け。

ちょっと引っ張ったくらいじゃびくともしません💧

タイツには2本くらい針が食い込んで、もう地獄。。

トロとはいえ、水深が腰くらいになれば、それなりに押しはキツいです。

そして、すぐ下は荒瀬がありました。

あの時は、足の力で、チカッパ引っ張ったら、

12号くらいの針が折れてくれたので助かりましたが、

一歩間違ったら、あの場で私は溺死してますよ💀

ライトスタイルみたいなペラペラの装備じゃ、

きっと12号針がスネに食い込んでまっせ・・😅

 

ちなみに、それも「球磨川」でした。

コロガシやってる河川は、ホントに注意しないと❗️

たまーにありますので。。

 

素人のライトスタイルはダメ!絶対!

諸悪の根源は、「ライトスタイル」なんてのを銘打って、

ライトユーザーを狙った某メーカーだと思います。

(最近はイシダイ釣りまで、ライトイシダイなんてことを💢

希少な魚をあんなチビ釣りまでやってたら、いよいよ資源枯渇するぞ❗️)

 

ベテランが釣り場をしっかり分かった上で、

ライトスタイルでやる分には、別に文句ありませんよ😃❗️

でも、あれってメーカーがマーケティングで狙ってるのは、

素人の若い子でしょ・・

若いヤツは、なんも分からんで、荒いとこ入っていくで・・💧

 

せめて、

『水量の少ない川のチャラ瀬くらいまでよ・・』

的な条件も一緒に出してくれたら・・と思います。

 

川で遊ぶ以上、用心はしすぎても足りないと思います😊

 

間違っても、初心者が

球磨川みたいな水量モリモリの河川で

ライトスタイルなんかやっちゃダメです。

 

ホント事故のもとになります。。

 

初心者の皆さん❗️

アナタの命は1つしかありません❗️

ライトスタイルなんて舐めた装備で、川に入っちゃダメです。

アナタが知らない恐怖が川にはたくさんあります。

 

装備はお金をかければナンボでも整うんやから、

しっかり準備してから遊びましょう。

ライトスタイルが鮎釣り中の事故に繋がらないこと、

そして、若い命が失われないことを切に願います🙏

 

というわけで、私自身も激流の大鮎釣りが大好きなので、

自戒の意味も込めて、記事起こしました😊

ベテラン組も安全第一で、

最高の大鮎シーズン楽しみましょ❗️❗️







-鮎釣り
-, , , ,

Copyright© 釣りSAMURAI★奮闘記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.